ページ: << 1 ... 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 >>

CakePHPをさらにDRYにする

パーマリンク 2008/06/13 14:03:31 著者: cakephp メール
カテゴリ: コーディング, DRY

CakePHPをさらにDRYにするCakePHPをさらにDRYにする、ドライケーキレシピ akiyan.com 秋田真宏

DRY = Don't Repeat Yourself(繰り返し書くな)

どのあたりまでやるかは問題ですが、基本的には DRY にしていくべきだと思います。

短縮形を使おう

パーマリンク 2008/06/12 15:49:56 著者: cakephp メール
カテゴリ: コーディング

CakePHP では標準で、色々な関数の短縮形が用意されています。
開発スピードとソースコードの見やすさを向上してくれます。

短縮形 基本形
a() array()
am() array_merge()
e() echo()
low() strtolower()
up() strtoupper()
r() str_replace()
h() htmlspecialchars()
pr() print_r()

※pr() は DEBUG が 1 以上でないと機能しません。

CakePHPで使われるパス

パーマリンク 2008/06/11 14:27:06 著者: cakephp メール
カテゴリ: コーディング

CakePHPで logs や cache など頻繁に利用するフォルダのパスは cake/config/paths.php に予め設定されています。

app/tmp/logs/ = LOGS
app/tmp/cache/ = CACHE

これを使うことで、ソースコードの見やすさが変わってきますので、ぜひ使うようにしましょう。

コンポーネントでモデルを使う方法

パーマリンク 2008/06/09 22:00:06 著者: cakephp メール
カテゴリ: モデル, コンポーネント

loadModelを使うことでモデルを呼び出すことができます。

<?php
loadModel('Model1');
loadModel('Model2');

class SamplesComponent extends Object
{
    function hoge() {
        $dbo_model1 = new model1();
        $dbo_model2 = new model2();

        $data1 = $dbo_model1->find();
        $data2 = $dbo_model2->find();
    }
}

モデルを複数呼び出す時は上記のようにloadModelを2つ並べて書きます。


find などの処理は上記の方法でも可能ですが、Model に書いたバリデーションを絡めた動きにしたい時は上記の方法ではうまくいきません。
その場合は、下記の方法で Model を呼び出します。

<?php
class SamplesComponent extends Object
{
    function startup(&$controller){
        $this->controller = $controller;
    }

    function hoge($data) {
        $this->controller->Model1->validates($data);
    }
}

afterRenderメソッドの注意点

パーマリンク 2008/06/08 14:23:50 著者: cakephp メール
カテゴリ: ビュー

afterRenderメソッドを使うと、ビューの表示を後から変更することができます。
ただし、レイアウトファイルの変更はできません。

<< 1 ... 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 >>

2018年8月
 << <   > >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

CakePHPに関する情報をまとめていきます。

開発スピードがアップできればうれしいです。

>>連絡はこちらへどうぞ



CakePHP最新版
CakePHP 1.2.3.8166


CakePHPの書籍

CakePHPによる実践Webアプリケーション開発

CakePHP1.2で作成する人にオススメ。
とても参考になります。

まるごとPHP!(vol.2)

安藤さんの解説が載っています。
AmazonのPagination部分は参考になります。

CakePHPによるWebアプリケーション開発

まだ読んだことありません

CakePHPポケットリファレンス
CakePHPポケットリファレンス
CakePHP1.2 でやるなら、これがあると何かと便利♪

CakePHP徹底入門
CakePHP徹底入門
CakePHP1.2 を今から始めるならここから

Fast CakePHP
Fast CakePHP
シンプルでわかりやすい CakePHP の入門書

CakePHPガイドブック
CakePHPガイドブック
CakePHP1.1 ではとても参考にした CakePHP 最初の入門書

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution