« Sessionの有効期限を個別に持たせる方法キャッシュの基本 »

特定のコントローラーのみデバック情報を表示させる方法

特定のコントローラーのみデバック情報を表示させる方法

パーマリンク 2008/07/29 17:04:02 著者: cakephp メール
カテゴリ: コントローラー

CakePHP1.2 RC2

サイトを公開する際に、app/config/core.php の debug は 0 にしますが、

Configure::write('debug', 0);


公開後、本番環境だけでどうしてもうまくいかないような場合がたまにあるかもしれません。
そんな時は、開発環境のようにデバック情報が表示されると、効率よく対応できそうならば、そのコントローラーのみデバック情報を表示させてしまいましょう。
方法は、該当のコントローラー内で

Configure::write('debug', 2);

と書くだけです。
(くれぐれも稼動中のコントローラーでやるのはやめましょう。
その場合は、コピーを作って、そちらでデバック情報を出しましょう。)

この記事へのトラックバック アドレス

トラックバックURL(右クリックでURLのコピーをしてください)

モデレーション待ちのフィードバック

この投稿にはモデレーション待ちのフィードバックが 2 件あります....

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))
2018年5月
 << <   > >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

CakePHPに関する情報をまとめていきます。

開発スピードがアップできればうれしいです。

>>連絡はこちらへどうぞ



CakePHP最新版
CakePHP 1.2.3.8166


CakePHPの書籍

CakePHPによる実践Webアプリケーション開発

CakePHP1.2で作成する人にオススメ。
とても参考になります。

まるごとPHP!(vol.2)

安藤さんの解説が載っています。
AmazonのPagination部分は参考になります。

CakePHPによるWebアプリケーション開発

まだ読んだことありません

CakePHPポケットリファレンス
CakePHPポケットリファレンス
CakePHP1.2 でやるなら、これがあると何かと便利♪

CakePHP徹底入門
CakePHP徹底入門
CakePHP1.2 を今から始めるならここから

Fast CakePHP
Fast CakePHP
シンプルでわかりやすい CakePHP の入門書

CakePHPガイドブック
CakePHPガイドブック
CakePHP1.1 ではとても参考にした CakePHP 最初の入門書

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution