アーカイブ: 2009年3月

findのfieldsを指定した時にModel名を返す方法

パーマリンク 2009/03/06 13:58:51 著者: cakephp メール
カテゴリ: コントローラー

CakePHP1.2

次のようにデータを取得すると、

$data = $this->Sample->find('all');

戻り値はこのような感じになります。

Array
(
    [0] => Array
        (
            [Sample] => Array
                (
                    [id] => 1
                    [name] => 名前太郎
                    [memo] => 今日は晴れです
                )

        )
)


ですが、findでfieldsをAS句で指定すると、

$params = array(
    'fields' => array(
        'name AS namae',
    ),
);
$data = $this->Sample->find('all', $params);

戻り値はこのような感じになります。

Array
(
    [0] => Array
        (
            [0] => Array
                (
                    [namae] => 名前太郎
                )

        )
)


先ほどは[Sample]だった部分が[0]となってしまいました。
今回はこれを[Sample]にする方法です。

AS句の名前のつけ方を下記のように「表示させたい名称__」を追加してあげると、

$params = array(
    'fields' => array(
        'name AS "Sample__namae"',
    ),
);
$data = $this->Sample->find('all', $params);

戻り値は、このようになります。

Array
(
    [0] => Array
        (
            [Sample] => Array
                (
                    [namae] => 名前太郎
                )

        )
)


mickに教えてもらいました。

2009年3月
 << < 現在> >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

CakePHPに関する情報をまとめていきます。

開発スピードがアップできればうれしいです。

>>連絡はこちらへどうぞ



CakePHP最新版
CakePHP 1.2.3.8166


CakePHPの書籍

CakePHPによる実践Webアプリケーション開発

CakePHP1.2で作成する人にオススメ。
とても参考になります。

まるごとPHP!(vol.2)

安藤さんの解説が載っています。
AmazonのPagination部分は参考になります。

CakePHPによるWebアプリケーション開発

まだ読んだことありません

CakePHPポケットリファレンス
CakePHPポケットリファレンス
CakePHP1.2 でやるなら、これがあると何かと便利♪

CakePHP徹底入門
CakePHP徹底入門
CakePHP1.2 を今から始めるならここから

Fast CakePHP
Fast CakePHP
シンプルでわかりやすい CakePHP の入門書

CakePHPガイドブック
CakePHPガイドブック
CakePHP1.1 ではとても参考にした CakePHP 最初の入門書

検索

XMLフィード

16ブログ     free blog software